今年、振袖をカッコよく着たい

お正月、友達の結婚式、結納、成人式…思ったより、振袖を着る機会が多いです。私自身も、着物を始めたとき(5年前ぐらいの話ですが)、もう二十歳を超えていました。どうせ若くて、未婚の女性しか振袖が着られないので、「買わなくていいやー」と決め付けていました。そこで、着付けの中間から幸せな報告が…「結婚します!」でも、着付け中間と一緒に行くから、みんな着物だし…何着よう?!という悩みが始まり…最終的にリサイクル(和のそうこ)で3千円の振袖を購入しました。

image

結婚式を経て、何ヶ月が経って、仕事の同僚が「もう着ない」振袖をくれました。裄を出さなきゃいけないが、全然着られる状態の振袖でした。と言うわけで、私の家には振袖沢山!笑

着ないと、もったいない!そういう気持ちで、毎年の1月に振袖が大活躍!しかし、んー!着付けね!振袖は礼装だし、ちゃんと着ないと!少しの遊びは楽しいけど、やはりカッコよく着たいという方もいらっしゃるでしょう?ポイントを少し考えてみました…

 ①長~いお裾!

礼装と言えば、長い裾と抜けている衣紋ですね☝ 昔の人は振袖を着るとき、裾を踏んだぐらいで裾を長く着たかったです。ピッタリの裾は私も今までも難しいですが、振袖の場合は高い草履を履き、裾をおもっきり長くし、床についても気にしません。草履を脱ぐことがあったら、後ろおはしょりをあげて、背縫いの辺りで着物を上に引っ張ります。NGかもしれませんが、裾が汚れてもいやですよね。

s__55025670

 ②襟が綺麗に決まるように、襟芯二枚!

普段は襟芯を一枚しか使っていませんが、振袖だけは襟芯二枚にします。家に古い、ぺろ~んとしている襟芯があれば、振袖のときに大活躍です。ない人は、襟芯が安いし、便利ですよ。普段着でも、可愛い刺繍の半襟を見せたくて、2センチより3センチ出した場合、着物がなんだかちゃんとフィットしていないでしょう?SNSでよくそんな写真が見えます。襟芯を二枚入れたことだけで、襟が自然少し出てくるので、着物も完璧に胸元をフィットしています。是非是非使ってみてください!

s__55025669

 ③帯結びは自分でどうしているの?

見たことある方がいらっしゃると思いますが、輪が付いている帯枕があります。それで帯を作り帯みたいに色々と作っておいて、ただ羽織って巻くだけです。超簡単!その枕で普通のお太鼓から変り結びまで何でもできます。時間がない朝も、ぱぱぱーっとお太鼓ができますので、超お勧めです!

http://store.shopping.yahoo.co.jp/soubien/hsd0043k-3059.html?sc_e=slga_pla

私は違うの使っていますが、似たようなものだと思います(笑)

 ④髪飾りでヘアの誤魔化し!

私はヘアをアップするのが本当に苦手な人間です。だいたい適当です!後ろもちゃんと見られない状態で髪をなんとかしているので、最終的に足りないところがあります。そこで、ヴォリュームのある花の髪飾りでごまかしています。振袖だからこそできるのですね。エレガントな訪問着には、やはり、なかなか花を髪に付けづらいのですね。

いかがでしたでしょう?少しでもご参考になればと思います。

Follow me on Instagram

Read more about kimono, Kumamoto, and me at japandigest.de

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s